ごわつきや枝毛を感じたらアミノ酸シャンプーでケアする方法

ごわつきや枝毛を感じたらアミノ酸シャンプーでケアする方法

アミノ酸シャンプーでごわつきや枝毛をケアしたいとする人もいるでしょう。

 

そうした場合でのアミノ酸シャンプーの活用方法をお教えします。

 

アミノ酸系洗浄成分の働き

 

アミノ酸シャンプーはアミノ酸系洗浄成分で、頭皮や髪に刺激を与えることなく洗おうというものです。

 

そのため、ごわつきや枝毛を感じている状態ならば、それ以上状態をひどくしないようにアミノ酸系の洗浄成分が働きます。

 

皮脂のうち本来は必要である分まで落としてしまうことにはならないおかげで、それ以上状態が悪化することを抑えられる、そうしたことが期待出来るわけです。

 

洗浄目的のアミノ酸系成分であることから、その成分が直接に髪をケアしてくれるような作用はあまり期待出来ません。

 

余計に皮脂を落としすぎないということでは頭皮や髪の脂が保たれますから、健康な髪づくりに関与し、間接的には時間を掛けて髪を修復する助けになると見ることが出来ます。

 

すぐにケアしたいなら補修成分入りのものを

 

ごわつきや枝毛を感じアミノ酸シャンプーをケアに用いるとして、アミノ酸系洗浄成分と併せて保湿や補修などのヘアケア成分が含まれているものを使うのも、一つの方法です。

 

また、アミノ酸シャンプーによっては同系列でコンディショナーなどヘアケア用のものを用意している場合もあるでしょうから、そうしたものを組み合わせて使うのも、また一つの方法でしょう。

 

特に使ってすぐ効果を実感したい人であれば、ヘアケア成分も含まれているかでアミノ酸シャンプーを選ぶのがよろしいかもしれません。

 

アミノ酸系洗浄成分さえ入っていればごわつきや枝毛がすぐ直るというわけではないので、成分の組み合わせは気にしないわけにもいきません。

 

キューティクルのためには夜シャンがよろしい

 

ごわつきにしても枝毛にしても、その原因は髪の保護層であるキューティクルが乾燥により剥がれたためではあるでしょう。

 

剥がれたキューティクルで引っ掛かりが起き、それがごわつきとなり、キューティクルが剥がれるのと同時に髪の繊維も裂ければ、それは枝毛となります。

 

キューティクルは皮脂膜に覆われていますから、必要以上に皮脂が落とされてしまうのはよくないわけで、そこにアミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸系洗浄成分の出番があります。

 

アミノ酸シャンプーを用いてケアしようという場合に、人によってはシャンプーの方法を変えた方がよろしい場合もあります。

 

皮脂はひと晩かけて補充されるとも言われるので、髪の保護を考えると朝よりも夜のシャンプーが、効果が高いかもしれません。

 

次はこちら
一部で人気の湯シャンとは?そのメリットをアミノ酸シャンプーと比較