ドラッグストアなどの店頭でアミノ酸シャンプーを選ぶ場合の注意点

ドラッグストアなどの店頭でアミノ酸シャンプーを選ぶ場合の注意点

ドラッグストアなどでアミノ酸シャンプーを選ぶ際に、注意点は主成分がアミノ酸系であるかどうかです。

 

成分構成によってはアミノ酸シャンプーとは言えない場合もあるからです。

 

アミノ酸配合シャンプーは非なるもの

 

刺激の少なさを求めてアミノ酸シャンプーを使いたいのであれば、その成分内容には注意したいです。

 

なぜならば、品物によってはアミノ酸シャンプーとは呼べない場合もありうるからです。

 

ドラッグストアなどの店頭でよく見かける一般的なアルコール系のシャンプーと同様のものに、少量のアミノ酸系の成分が加えられているだけ、というものも存在するのが実際です。

 

そうしたものはアミノ酸配合シャンプーと言うべきですが、その洗浄成分はやはりアルコール系となるので、頭皮の皮脂を落としすぎてしまうなどの可能性は高いです。

 

品物によっては石鹸系の洗浄成分が使われていることもありますが、それでもアミノ酸系の洗浄成分による優しい洗い上がりを得ることは出来ません。

 

洗浄成分にアミノ酸系が使われていることが大事

 

ドラッグストアなどでアミノ酸シャンプーとして安価に店頭で売り出されている品物の場合、実はアミノ酸配合シャンプーであることが多いです。

 

アミノ酸シャンプーを定義付けるならば、洗浄成分にアミノ酸系成分が使われているものではあるでしょう。

 

そうでなければアミノ酸シャンプーの特徴である、頭皮や髪を優しく洗い上げることは期待出来ないからです。

 

アミノ酸配合シャンプーの場合には、例えば保湿成分などとしてアミノ酸系成分が少量加えられています。

 

アミノ酸シャンプーを使おうとするのであれば、洗浄成分がアミノ酸系であることが大事ですから、成分構成は注意すべき点として無視出来ません。

 

硫酸や脂肪酸はアミノ酸系洗浄成分にあらず

 

アミノ酸シャンプーとされる商品をドラッグストアなどの店頭で手にした場合に、それが単なるアミノ酸配合シャンプーであるかどうかは、成分表示を見れば明らかです。

 

早い順番でアミノ酸系成分が表示されているのであれば、洗浄成分がアミノ酸系だと見ていいです。

 

アミノ酸系でなければ、アミノ酸配合シャンプーであると見ていいです。

 

具体的には、大抵は水が1番先に並んでいますから、2番目以降に並んでいる成分に注意します。

 

この時、ラウリル硫酸やラウレス硫酸といった名前が挙がっていれば、それはアルコール系の洗浄成分で構成されているアミノ酸配合シャンプーです。

 

◯◯硫酸といった名前であれば、アルコール系だと思って構いません。

 

本当のアミノ酸系のみ分け方

 

アミノ酸系洗浄成分であれば、◯◯メチルアラニンといった名前であったり、ヤシ油由来のアミノ酸系成分であればココイル◯◯といった名前が早い順番で並んでいます。

 

もしも洗浄成分が石鹸系であれば、脂肪酸◯◯となりやすいですから、成分表示をチェックしてみることは必要でしょう。

 

次はこちら
ごわつきや枝毛を感じたらアミノ酸シャンプーでケアする方法