アミノ酸シャンプー利用時おすすめの洗い方をアドバイス

アミノ酸シャンプー利用時おすすめの洗い方をアドバイス

アミノ酸シャンプー利用時には適した洗い方をすることで、効果も得られやすくなります。

 

おすすめの洗い方をアドバイスしてみましょう。

 

特性を理解した洗い方をすべき

 

アミノ酸シャンプーの洗い方でアドバイス出来る点は、アミノ酸系成分の特性を理解した上での洗い方を考えるべき、といったことです。

 

アミノ酸系洗浄成分の特性としては、良く言えばやさしく洗い上げる、悪く言えば洗浄力が足りない場合もあることです。

 

特に汚れが多いときには1度洗いでは落としきれずに、2度洗いした方がよろしい場合もあります。

 

そのため、シャンプーを髪や頭皮に付ける前に下準備は必要なものだと考えるべきです。それにより、汚れを落としやすくしようというわけです。

 

シャンプーを付ける前に下準備

 

シャンプーをする前には髪を濡らすものですが、濡らす前にブラッシングでほこりやごみをまず落としておきます。

 

これにより髪のもつれも解かれることになり、濡れた髪でもつれを解くよりも髪への負担を減らせます。

 

また髪を解いておくことにより、シャンプーも行き渡りやすくなるわけですから、汚れを落としやすいことに繋がります。

 

髪を解いたら、次にぬるま湯で髪を濡らしますがアドバイスとして、ぬるま湯で髪を洗う感覚でそれを行います。

 

ただ濡らすのではなく、ぬるま湯で洗うことにより、例えば整髪料など髪に残りやすい汚れを落とそうというわけです。

 

お湯が熱すぎると頭皮を乾燥させたり髪を傷める場合もあるので、ちょっとぬるいくらいの温度が適温です。

 

丁寧な洗いで髪や地肌に馴染ませる

 

ぬるま湯で髪を洗うことを終えたら、次はいよいよシャンプーの段階です。

 

一般的なシャンプーの場合には、シャンプーで汚れを落とすつもりでしょう。

 

しかしアミノ酸シャンプーの場合には、シャンプーを付けるまでにほとんどの汚れを落としてから、といった洗い方になるわけです。

 

その点は一般的なシャンプーとは勝手が違うので、気をつけたい点でしょう。

 

シャンプーの付け方としては丁寧な洗い方を心掛け、手のひらで泡立てた後に、それを全体に行き渡らせるやり方です。

 

アミノ酸シャンプーであれば、地肌に行き渡らせるつもりで泡を付けるのがおすすめです。

 

そして地肌をゴシゴシ洗うのではなく丁寧に揉み込む感覚で、指の腹で洗っていきます。

 

洗うというよりも、地肌や髪の表面にアミノ酸シャンプーを馴染ませていく、といった感覚であるかもしれません。

 

すすぐ時も丁寧に洗い流す

 

それからすすぎ残しに気を付けながら、やはり丁寧にシャンプーを洗い流します

 

アミノ酸シャンプーでのおすすめの洗い方でアドバイスをするならば、丁寧な洗いを心掛ける、といったことになるでしょう。

 

次はこちら
アレルギー体質の方でもアミノ酸シャンプーなら使って大丈夫なのか