メリットばかりではない?アミノ酸シャンプーのデメリットをご紹介

メリットばかりではない?アミノ酸シャンプーのデメリットをご紹介

アミノ酸シャンプーにもデメリットは存在するものです。

 

やはり欠点が全くない、というわけにはいかないものです。

 

値段が高くお取り寄せになりやすい理由

 

アミノ酸シャンプーのデメリットとしてまず挙がるのは、その価格です。

 

例えば一般的なアルコール系や石鹸系の洗浄成分に比べると、アミノ酸系の洗浄成分は値段が高いです。

 

高い原料を使うことで製造コストもかさんでしまいますから、必然的に販売価格も高くなってしまいます。

 

値段が高いことからあまりドラッグストアなどで量販されにくく、サンプル品が手に入りにくい一面もあるでしょう。

 

大抵は問い合わせた上でサンプル品を送ってもらったり、もしくは少量をサンプル品として販売されている形です。

 

そして、品物によっては美容院で専売されていたり通信販売で提供されるなど、購入方法が限定されがちである一面もあります。

 

一般のシャンプーに比べて、買うというよりも取り寄せる感覚で利用することが多いはずです。

 

品物によっては泡立ちが弱いことも

 

アミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸系の洗浄成分の特徴として、泡立ちが弱いことが挙げられます。

 

品物によっては、例えるならば薄めた石鹸水で髪を洗っているような感覚ではあるでしょう。

 

ヘアトニックのような液体を、髪や地肌にまぶしている感覚となる場合もあるかもしれません。

 

人によっては、泡立ちの弱さをデメリットと感じる場合もあるかもしれないわけです。

 

ただし、例えばヤシ油由来のコカミドメチルMEAなど泡立ちを補充するような成分も含まれていれば、そうしたことにはなりません。

 

あくまでもアミノ酸シャンプーによっては、泡立ちが足りないと感じる場合もあるかもしれないわけです。

 

シャンプーならば泡立ちが欲しいという人であれば、天然由来の増泡剤も併せて含まれたものを利用すればよろしいでしょう。

 

頑固な汚れに対して力が足りないことも

 

アミノ酸系の洗浄成分は泡立ちが弱いことで流れてしまいやすく、アミノ酸シャンプーが汚れを落としてくれる程度は抑えられたものになりやすいです。

 

これにより必要な皮脂も落とさずに髪も地肌も傷めないメリットが得られるわけですが、逆に頑固な汚れに対しては、洗浄力が足りないデメリットも持ち合わせています。

 

よく整髪料を落としきれないなどの意見も挙がるのは、それを表しているからです。

 

そのため、まずお湯で髪をすすぎ汚れが落ちやすい状態にした上で、アミノ酸シャンプーで洗い上げる、といった丁寧な洗い方を求められます。

 

頑固な汚れに対して洗浄力が足りないデメリットは、例えば生まれつき脂性の人には髪のベタつきが落としきれないという場合もあるでしょう。

 

洗浄力がある程度に抑えられているゆえに、体質によってはメリットよりもデメリットが目立つ場合もあります。

 

次はこちら
薄毛に悩む女性にとって最適なのはアミノ酸シャンプーなのか