一般シャンプーに比べてアミノ酸シャンプーにはどんなメリットが?

一般シャンプーに比べてアミノ酸シャンプーにはどんなメリットが?

一般シャンプーと比べた際のアミノ酸シャンプーのメリットを挙げましょう。

 

アミノ酸シャンプーが求めているものかどうか、分かりやすいはずです。

 

地肌や髪を傷めない

 

アミノ酸シャンプーが一般シャンプー、いわゆるアルコール系のものに比べた場合のメリットとしては、まず地肌や髪を傷めないことが挙げられるでしょう。

 

乾燥肌や敏感肌の人でも影響が少ないとされるほど、刺激が小さいことが何よりも1番のメリットです。

 

特に肌への刺激がほとんどないことから、地肌をやさしく洗い上げてくれるわけです。刺激が強いために地肌を乾燥させトラブルを招く、といったことにはなりにくいのです。

 

フケなど地肌に関した悩みを持つ人であれば、アミノ酸シャンプーを使うことで改善されることが多いのも、地肌を傷めることなく洗うことが出来るほかありません。

 

地肌や髪にやさしいシャンプーを使いたいといった考えであれば、それにはアミノ酸シャンプーが向いているわけです。

 

洗い上がりはパサつかず

 

地肌や髪への刺激が少ない、といったことでは石鹸系のシャンプーもそうした性質を持ち合わせています。

 

石鹸系のシャンプーと比較した場合も、アミノ酸シャンプーならば洗い上がりにメリットがあります。

 

パサつきやゴワつきを感じる石鹸系シャンプーの洗い上がりとは違い、アミノ酸シャンプーにはそれがありません。

 

これは必要以上に洗いすぎないアミノ酸系成分のおかげで、地肌や髪の保護に必要な皮脂まで落としてしまうことにならないからです。

 

石鹸系成分は肌に優しいものの脱脂力が強いため、それが髪をパサつかせてしまうこともあるわけです。

 

石鹸系もアミノ酸シャンプーも低刺激であることには変わりませんが、洗い上がりの点で差があります。

 

髪を修復する作用のホント

 

一般シャンプーに比べてアミノ酸シャンプーであれば、髪の修復作用も期待出来るとされますが、アミノ酸系洗浄成分がそれに直接働くわけではありません。

 

髪の毛はタンパク質から出来ており、アミノ酸はタンパク質の元であることから、アミノ酸系成分がひいては髪に栄養を与えるとしていますが、実はそうではありません。

 

アミノ酸系洗浄成分と言っても、あくまで洗浄のための成分、つまりは洗剤であるので、髪に栄養を与えるものではありません。

 

アミノ酸系の洗浄成分により何が得られるかと言えば、頭皮が程よく保護された良い状態を保つことに間接的に関係する、といったことです。

 

つまりは、地肌や髪の状態を良くすることに影響するというわけで、あくまでも間接的には役に立つかもしれない、といった程度の話です。

 

次はこちら
メリットばかりではない?アミノ酸シャンプーのデメリットをご紹介