サーファーのヘアケアに活用したいアミノ酸シャンプー選びについて

サーファーのヘアケアに活用したいアミノ酸シャンプー選びについて

サーファーのヘアケアにはアミノ酸シャンプーを活用したいものです。

 

髪や頭皮を傷めやすい環境に晒されていますから、それに合わせたアミノ酸シャンプー選びをするべきでしょう。

 

日焼けした頭皮には優しく洗えるものを

 

サーファーならば、髪や頭皮を傷めやすい状況に置かれていると考えられます。

 

なぜならば、紫外線と海水の2重でダメージを受ける場に、身を置いているからです。

 

ですから、そのヘアケアにはアミノ酸シャンプーが適しているので、活用するのが望ましいです。

 

紫外線によって髪や頭皮に乾燥を招きますし、日焼けにより頭皮が刺激に敏感になる場合もあるでしょう。

 

乾燥した髪や頭皮には皮脂を落としすぎないアミノ酸シャンプーが、それ以上乾燥の度合いを高めてしまうことを防ぐ期待が出来るものです。

 

刺激に敏感な頭皮であれば、低刺激のシャンプーを使いたいですから、それにはアミノ酸シャンプーが向いています。

 

紫外線と海水でダメージ激しくヘアケア必須

 

頭皮や髪が海水に晒された上で長時間そのままでいることも、ダメージを受けやすくしてしまいます。

 

まず塩というのは脱水の作用もあるものですから、髪に残ったまま乾いてしまった海水の塩分が髪の潤いを吸い取りやすく、髪をごわつかせやすくします。

 

つまりは海水に晒されることで、髪の乾燥度を余計に高めてしまいやすいわけです。

 

紫外線による乾燥と脱水作用の2重効果で、さらに潤いを失う度合いも大きくなりやすく、それと同様に頭皮の乾燥の度合いも高めてしまいがちです。

 

また海水が乾燥を余計に招いてしまうだけでなく、髪の内部の成分まで抜けさせてしまうことに繋がりやすいともされます。

 

サーファーの中には、髪の毛が脱色気味の人が多いのもそのためかもしれません。

 

また、例えば毎日プールで泳いでいる水泳部の学生でも、色が抜けて茶色い髪をしている場合があるのは、髪を毎日塩素に晒しているせいと見ることも出来ます。

 

サーファーであれば頭皮ケアやヘアケアは欠かせないと考えられますから、アミノ酸シャンプー選びにしてもヘアケアや頭皮のケア成分も欲しいところです。

 

低刺激の洗浄成分と保湿や補修成分も含んだものを

 

サーファーが活用したいアミノ酸シャンプー選びとしては、ただ汚れが落とせるといったものにとどまらず、頭皮ケアやヘアケア成分を含んだものが適しているでしょう。

 

髪と頭皮が乾燥しやすいことから保湿成分は欲しいものですし、髪の内部まで影響を受けやすいことを考えると補修成分も欲しいところではあるはずです。

 

髪の補修には頭皮が健康でなければ効果も低いですから、併せて頭皮に良い成分が含まれていると理想的ではあるでしょう。

 

アミノ酸シャンプー選びとしては、主成分に低刺激のアミノ酸系洗浄成分であることが大前提ですが、それに加えて頭皮と髪をケアする成分も含まれたものが向いているわけです。

 

次はこちら
妊娠中は胎児への影響が少ないアミノ酸シャンプーがおすすめ