フケが出やすい体質がアミノ酸シャンプーで改善できるのか

フケが出やすい体質がアミノ酸シャンプーで改善できるのか

フケが出やすい体質に、アミノ酸シャンプーが改善効果があるのか述べてみます。

 

フケの原因も一つではないので、それぞれに応じた対処法は必要でしょう。

 

シャンプーによりフケを招いているのであれば

 

ある時を境にフケが出やすい体質になったと感じたのであれば、アミノ酸シャンプーで改善できる場合もあるでしょう。

 

なぜならば、シャンプーによる洗いすぎで頭皮の乾燥を招き、それがフケを発生させていることがあるからです。

 

それが原因で急にフケが出やすい体質になったのであれば、アミノ酸シャンプーに変えることで改善が期待できます。

 

頭皮の皮脂を落としすぎず、それが頭皮の乾燥を防ぐことにも繋がり、フケの発生が治まりやすいことにも繋がるからです。

 

病気や血行不良が原因ならばその治療が必要

 

フケが出やすい体質になった場合、その原因はシャンプーによる洗いすぎとは限りません。

 

例えば、糖尿病など病気によりフケを招いているのであれば、それは病気の症状により肌の乾燥を招いているので、アミノ酸シャンプーに変えただけでは充分ではありません。

 

その病気自体が改善されなければ、フケが治まることも期待できませんから、病気を治療することが必要であるわけです。

 

また病気でなくとも血流の悪化で頭皮が乾燥し、フケを発生させることもあります。

 

フケの原因をストレスとされることもありますが、ストレスにより血行が悪くなったことが原因です。

 

やはり血行が改善されないことにはフケの改善も望めないので、アミノ酸シャンプーだけでは不十分です。

 

更年期や生まれつきであれば見合った改善法を

 

病気や血行不良ではなく、老化によってフケが出やすい体質となる場合もあります。

 

特に更年期の女性にとっては乾燥肌を招きやすく、それに伴いフケも出やすくなる場合があるのです。

 

老化による皮脂量の減少ヒアルロン酸生成の低下が、更年期の乾燥肌の原因です。

 

アミノ酸シャンプーには皮脂量を増加させる働きはありませんし、ましてや充分なヒアルロン酸を供給してくれるものではありません。

 

よってアミノ酸シャンプーだけでは、改善への見込みは低いわけです。

 

生まれつき頭皮が乾燥しやすい体質であるおかげでフケが出やすいのであれば、頭皮の肌質の改善が必要となるかもしれません。

 

アミノ酸シャンプーには薬品効果があるものではありませんから、皮膚科で診てもらうなどの方法を試みるべきではあるはずです。

 

体質改善をしつつ、洗髪には低刺激のアミノ酸シャンプーを使うといった、組み合わせて活用することにはなりやすいですから、アミノ酸シャンプーだけでは済まないでしょう。

 

次はこちら
夏の紫外線で受けた髪ダメージ回復にアミノ酸シャンプーを活用しよう