縮毛矯正した後のヘアケアにはアミノ酸シャンプーが良いの?

縮毛矯正した後のヘアケアにはアミノ酸シャンプーが良いの?

縮毛矯正をした後には、アミノ酸シャンプーが良いのかどうか解説しましょう。

 

一般的に縮毛矯正は髪へのダメージが大きいといったデメリットがありますからヘアケアを気にしないわけにはいきません。

 

傷められた髪を悪化させない

 

縮毛矯正はパーマ液よりも強力な専用薬剤を使うことになるはずです。

 

そのおかげでストレートパーマに比べれば、効き目も高く長持ちしやすい利点があります。

 

しかし、それは同時に髪を傷める度合いは小さいとは言えないので、髪をいたわることを考えないわけにはいきません。

 

縮毛矯正で傷められた髪をシャンプーするのであれば、やはり優しく洗い上げる低刺激のものが適しているわけで、それにはアミノ酸シャンプーが良いです。

 

アミノ酸シャンプーならば、縮毛矯正後の髪の傷みをさらに悪化させてしまう、そうしたことを避けられると期待出来るでしょう。

 

髪の保護作用を鈍らせない

 

縮毛矯正後のシャンプーにはアミノ酸シャンプーが良いとするのは、低刺激だからといった理由だけにとどまりません。

 

専用薬剤により、キューティクルがとても傷みやすく剥がれやすくなっている状態とも言えるので、髪の保護作用にも気を掛けたいからです。

 

キューティクルの表面は皮脂で覆われていますから、かなり大雑把に言い方を変えれば髪は皮脂に保護されていると見ることも出来ます。

 

シャンプーによっては、脱脂力が強いために皮脂を落としすぎてしまうことがあります。

 

アミノ酸シャンプーであれば、脱脂力がやや弱いために皮脂を落としすぎてしまうことにはなりにくく、髪表面の皮脂も保たれやすいことが期待出来ます。

 

縮毛矯正後の洗髪にはアミノ酸シャンプーが、髪の保護作用を鈍らせてしまうことにはなりにくいので、良いものであるわけです。

 

ヘアケア成分入りのもので内部から手入れを

 

アミノ酸シャンプーを縮毛矯正後の洗髪に使うとして、ヘアケア成分も併せて含んだものを利用するのがよろしいでしょう。

 

アミノ酸シャンプーに含まれる洗浄成分が優しい洗い上がりを提供してくれますから、それに加えて縮毛矯正で受けたダメージも補修出来ると理想的であるわけです。

 

そのため保湿成分などを含んだ、しっとり仕上げるタイプのアミノ酸シャンプーを選んで使うことにはなりやすいでしょう。

 

髪の内部から傷んでいるといった考えで、その補修に役立つヘアケア成分を含んだアミノ酸シャンプーがよろしいです。

 

それにより、縮毛矯正後の効果もより持続しやすいものになるはずです。

 

次はこちら
フケが出やすい体質がアミノ酸シャンプーで改善できるのか