アミノ酸シャンプーを選ぶ場合にチェックしたい成分リスト

アミノ酸シャンプーを選ぶ場合にチェックしたい成分リスト

アミノ酸シャンプーの成分をリストアップしてみましょう。

 

それと同時に、アミノ酸シャンプーを選ぶ場合にチェックしたい点も挙げておきます。

 

メチルアラニン系などの洗浄成分

 

アミノ酸シャンプーの成分としては、アミノ酸系の界面活性剤、いわゆる洗浄剤が成分として含まれているはずです。

 

ざっと挙げれば、ラウロイルメチルアラニンNaなどメチルアラニン系の成分などが含まれているでしょう。値段が高いものほど、まずメチルアラニン系の成分は含まれているはずです。

 

その理由としては、低刺激で洗浄力が高いものの、その原価は高いためです。

 

他にはココイルグルタミン酸Naやラウロイルグルタミン酸Naといったグルタミン系の成分であったり、ココイルサルコシンNaやラウロイルサルコシンNaなどサルコシン系がリストアップされている場合もあるでしょう。

 

はっきり言ってしまえば、その成分名をチェックしただけではよほど詳しい人でない限り、それがアミノ酸系の成分であるかも分かりにくいはずです。

 

赤ちゃん用ボディソープと比較するのもひとつ

 

アミノ酸系の成分がアミノ酸シャンプーに含まれているかどうかチェックするために、手っ取り早い方法をひとつ挙げておきます。

 

それはアミノ酸系の赤ちゃん用ボディソープと成分を比較してみる、といったことです。

 

アミノ酸シャンプーにしても赤ちゃん用ボディソープにしても、低刺激で洗い上げることが求められますから、自然と成分も似通ってくるわけです。

 

ただしシャンプーとボディソープといった用途の違いがありますから、全く同じでなければならないわけではなく、大体似たような成分構成であれば、といった話です。

 

アミノ酸シャンプーの成分において、アミノ酸系の成分が含まれているか成分リストをチェックするよりも、もっと大事なことがあります。

 

それはアルコール系の成分が含まれているかどうか、その1点です。

 

アルコール系成分の確認がもっと大事

 

アルコール系の成分がシャンプーに多く含まれる場合、いくらアミノ酸系の成分が含まれていても、低刺激といったアミノ酸シャンプーの利点は活きません。

 

なぜならば、アルコール系の洗浄成分は肌や髪への刺激はあるものだからです。

 

具体的には、ラウリル硫酸やラウレス硫酸にスルホン酸などといった成分が、成分表記のうち早い順番でリストアップされているようであれば、アルコール系成分が多いと考えてよろしいです。

 

アミノ酸系シャンプーとは(抜け毛・薄毛対策)

 

市販されている中には、実はアルコール系のシャンプーでありながら、アミノ酸系成分を少しだけ含んでいるといった場合もあります。

 

そうしたアミノ酸が少し配合されただけのシャンプーと見分けを付けるためにも、アミノ酸成分のチェックよりもアルコール系成分を確かめることが、大事であるわけです。

 

次はこちら
一般シャンプーに比べてアミノ酸シャンプーにはどんなメリットが?