敏感肌の人がアミノ酸シャンプーを選ぶ時に注意したいポイント

敏感肌の人がアミノ酸シャンプーを選ぶ時に注意したいポイント

敏感肌の人がアミノ酸シャンプーを選ぶ際に、注意したいポイントを挙げておきます。

 

自分の肌質に合ったアミノ酸シャンプー選び、その参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

洗浄成分がアミノ酸系であるべき

 

敏感肌の人にとっては、アミノ酸シャンプーの主成分がアミノ酸系の洗浄成分であることから、他のシャンプーよりも適しています。

 

アミノ酸系の洗浄成分が低刺激であるおかげで、敏感肌の人でも影響を受けることなく洗髪に使えるからです。

 

アミノ酸シャンプーを敏感肌の人が使う場合にまず注意したいのは、アミノ酸シャンプーとしての大前提である、洗浄成分がアミノ酸系であるか、といった点です。

 

そうでない場合は、低刺激といったメリットが得られませんから、これは大事なポイントです。

 

アミノ酸シャンプーとされ販売されているものでも、中には洗浄成分にアミノ酸系以外のものを使用している場合もあるので、念のため洗浄成分にはこだわる必要があります。

 

〜硫酸という名の成分名が、2番目や3番目に表示されているのであれば、アミノ酸系の洗浄成分は使われていませんから、敏感肌の人には向かないものだと考えてよろしいです。

 

人によっては無添加な天然成分のものを

 

敏感肌な体質の人には、人工の添加物で肌に刺激を受けるという人もいるでしょう。

 

そういう人であれば、必然的にアミノ酸シャンプーでも天然由来の成分で構成されたものを選んだほうがよろしいのかもしれません。

 

アミノ酸系の洗浄成分自体は天然由来である場合が多いので、あまり注意を向ける必要はありませんが、洗浄成分以外に配合されたもので影響を受ける場合がないとは言えません。

 

ですので、敏感肌の程度によっては、いわゆる無添加とされる天然由来の成分で構成されたアミノ酸シャンプーを選ぶのがよろしいでしょう。

 

香料や防腐剤など洗浄成分以外で配合されている量としては僅かなものですが、それでも念のために天然由来であるといったポイントにこだわれば、万が一を避けられるでしょう。

 

低刺激の石鹸系とアミノ酸系を比べると

 

肌に低刺激ということだけに注意するのであれば、石鹸系シャンプーを使うといった選択肢もあります。

 

ただし、アミノ酸シャンプーと比べるとデメリットが大きいと考えられます。

 

石鹸だと脱脂力が強いため皮脂を落としすぎてしまう、といった点がポイントです。

 

敏感肌の人ならば肌のバリア機能が弱まっているわけですから、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことはよろしくありません。

 

皮脂による肌表面の保護が弱いものになりますから、余計に刺激を受けやすい肌になってしまいやすいわけです。

 

敏感肌の治療中であれば、後からクリームで肌を保護しますから、たとえ石鹸で洗っても影響は少ないものです。

 

しかしそうではない場合に、落としすぎた皮脂を何かで補充することはしませんから、場合によっては余計に悪化させてしまう可能性もありうるわけです。

 

次はこちら
子どものヘアケアにアミノ酸シャンプーを使っても良いのか?