一般的なアミノ酸シャンプーは高いの?他の商品とコストを比較

一般的なアミノ酸シャンプーは高いの?他の商品とコストを比較

アミノ酸シャンプーは、一般的には値段の高い高級シャンプーとして提供されがちです。

 

その理由については、他の商品とコストを比較することでも見えてきます。

 

原材料が高いゆえにコストも掛かる

 

一般的にアミノ酸シャンプーは、値段が高く設定されていることも少なくありません。

 

他の商品と比較してコストが掛かることが、その理由です。

 

どこにコストが掛かるかと言えば、そこに含まれている洗浄成分です。

 

アミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸系洗浄成分が、高いものだからです。

 

つまりは、原材料に高いものを使っているから、アミノ酸シャンプーは高いものになってしまいやすいわけです。

 

アミノ酸系洗浄成分は性能がいいものほど高いものになりますから、それを使って製品化されたシャンプーほど値段も高いものになってしまいます。

 

洗浄成分はシャンプーの洗い上がりを左右する肝ですから、そこに妥協せずに製品化しようとすればするほど、値段が高いものになることは避けられません。

 

性能高い成分は値段も高いゆえに

 

アミノ酸シャンプーで使われやすいアミノ酸系洗浄成分は、メチルアラニン系成分でしょう。

 

特に数千円クラスの高い商品だと、それを洗浄成分に使っていることが多いです。

 

メチルアラニン系成分は、アミノ酸系の洗浄成分の中で洗浄力や発泡性が一番高いとされますので、アミノ酸系の中で一番性能がいい成分と見ることも出来ます。

 

そして性能が高いだけでなく値段も高いものですから、メチルアラニン系の成分を含むほどにコストが上がり、それが商品価格も高いことに繋がってしまいます。

 

ですので、よく見られる形としてはメチルアラニン系と他のアミノ酸系洗浄成分を組み合わせて、ある程度のコストバランスを保ちながら商品化されている、といったものです。

 

安い成分を使えばコストも抑えられる

 

市販されているアミノ酸シャンプーの中には、他の商品と値段を比較してもあまり大差ないものも、一応は存在します。

 

単純に言ってしまえば、安い原材料に抑えているから安く販売出来ることに他なりません。

 

アミノ酸系洗浄成分でも昔に開発されたものを使うのであれば、例えばアルコール系や石鹸系といった他の洗浄成分と変わらぬコストで作れる場合もあります。

 

古い世代のアミノ酸系洗浄成分ならば、値も張らないからです。

 

具体的に言ってしまうと、サルコシン系のアミノ酸系洗浄成分がそれに当たるのですが、ごく稀に人によっては刺激を感じる場合があるので、その点で性能が落ちているわけです。

 

古い世代の成分でなおかつ現在では使われにくいこともあり、抑えたコストで配合が出来るため、安く製品化出来ることに繋がっています。

 

たとえサルコシン系でもやさしく洗い上げるので、安くアミノ酸シャンプーの特徴を持ったものを提供するのであれば、そういった形になるのです。

 

次はこちら
洗浄力が十分なアミノ酸シャンプーの選び方について