アミノ酸シャンプーの泡立ちは悪いの?泡立てるためのコツとは

アミノ酸シャンプーの泡立ちは悪いの?泡立てるためのコツとは

アミノ酸シャンプーに含まれる洗浄成分の発泡性は低いので、泡立ちが悪いことが多いです。

 

ただし、全く泡立ちしないわけでもないので、泡立てるためのコツを押さえれば、ある程度の泡立ちは得られるかもしれません。

 

洗浄成分の性質により泡立ちも落ちる

 

アミノ酸シャンプーの特徴として洗浄力がやや弱いといった点が挙がりますが、これは含まれているアミノ酸系洗浄成分の脱脂力がやや弱いためです。

 

例えば石鹸などは脱脂力が高いものですが、同時に発泡性が高く泡立ちも大変よろしいものです。これは泡が脂を包み込み、溶かす作用をするためといった一面もあります。

 

アミノ酸系洗浄成分の泡立ちは悪いですから、そうした作用も抑えられるため、洗浄力や脱脂力がやや落ちると考えることも出来ます。

 

逆に言えば、そのおかげで必要な皮脂が頭皮や髪に残りやすく、良い状態を保ちやすいメリットにも繋がっています。

 

石鹸であったりコンビニやドラッグストアで販売される安価なシャンプーと比べて、含まれた洗浄成分の性質上、泡立ちが悪いのは仕方がないとも言えます。

 

猫の手でシャンプーを泡立てるのがコツ

 

アミノ酸シャンプーの泡立ちが悪い点が気になるのであれば、商品によっては天然由来の発泡性の高い成分を加えるなど、増泡剤で泡立ちを補ったものも存在します。

 

ですので、そういったものを使うのもひとつの考えです。

 

シャンプーを使う際には手のひらに取り、そこで泡立ててから頭に付けるといったやり方が通例です。

 

手のひらでシャンプーを泡立てるためのコツとしては、広げた手のひらではなく、猫の手のように半握りの手のひらの中で、シャンプーを泡立てることです。

 

泡立ちには水と空気が必要であるわけですが、反ドーム状にした手のひらの中で泡立てることにより、平面状で泡立てるよりも空気が入り込みやすい効果が得られます。

 

泡立て方ひとつ取っても、多少の違いは生まれるわけです。

 

また、泡立てネットスポンジなどで泡を作る、といった方法でも良い泡立ちは得られやすくなるでしょう。

 

2度目のシャンプーが泡立ちいい理由

 

シャンプーの泡立ちに関して言えば、汚れや皮脂が多いほど、たとえアミノ酸シャンプーでなくとも泡は消えやすいものです。

 

例えば2度シャンプーをした場合に、2度目のほうが泡立ちが良いのもそのためです。

 

汚れや皮脂が溜まっていない状態の髪でシャンプーする、といったこともより泡立てるコツとして挙げられるでしょう。

 

シャンプー前にはブラッシングでまず大体の汚れを落としておき、次に湯洗いで残った汚れを落とした上で、やっとシャンプーで洗う段階とするわけです。

 

シャンプー前の湯洗いは、髪に残っている整髪料を落としやすくするため、といった狙いもあります。

 

こうすることで、幾分かはたとえアミノ酸シャンプーでも泡立ちを良くすることが期待出来るでしょう。

 

次はこちら
アミノ酸シャンプーも合わない時がある?かゆみがひどい場合の対処法